2008年02月08日

能望の原点



能望の実践=氣のエネルギーの可能性の追求でもあります。
 
 氣のエネルギーの世界は、極微の極微の、さらに極微の最小の世界
なのですが、それが無限の世界につながっているのです。

 極微の世界の最も小さな、最小のエネルギーなのですが、私達には
あらゆる面で、最大の影響を与えてくれるのです。

 意識=心=精神=霊魂=氣・・・ですから、私達の根源のパワーでも
あるのです。

 それでは、能望の原点に返ったような、質問を頂きました。

==============================

はじめまして、いつも有益なメールを発信されるご様子承り感謝します。

ところで、今回の配信メールで「能望」と・・・・ありました。

唱えると言霊とかで頭がスッキリする有益なエッセンスが詰まった
言葉と解釈しますが、具体的には「のうぼう」と発音するだけなので
しょうか。

ちょっと分からないので差し支えなければ教えてくだされば幸いです。

==============================

 メール有り難う御座いました。
 
 はい、わかりました。

「能望」の実践とは、

「のうぼう あきゃしゃ ぎゃらばや おんありきゃ まりぼり そわか」

 と、唱えることです。


 この言葉を唱えることにより、意識がプラスに変化して、氣のエネルギー
が高まり、若返りを促す脳内ホルモンや、万病の元になる活性酸素を
撃退する一酸化窒素など、すごいことが起きてしまいます。


 今までの体験談などからも、納得されると思います。

 
 アカシック・レコードは、この中の、アキャシャからきています。

 虚空菩薩像は(アカシャガルバ)ですから、インドの古典哲学も仏教も、
ムー大陸の高度な文明と関連しているように思われます。


 般若心経の内容も、素粒子や波動の原理のことを説明している
内容ですから、高度な文明との関連が伺えますが・・・。

 「能望」の実践も経験すれば、するほど、現代の科学では考えられない
程の、奇跡が起きております。

  さて、ムー大陸の人々は、何万年もの試行錯誤と彼らの叡智の
積み重ねで、

 「のうぼう あきゃしゃ ぎゃらばや おんありきゃ まりぼり そわか」

 という音の組み合わせを、声に出して唱えれば、宇宙の虚空の響きに
共鳴し、虚空の蔵(アカシック・レコード)にアクセスできて、宇宙の
虚空蔵から、無尽蔵の智慧と富を引き寄せられるということを発見した
のです。

インドでは、虚空蔵のことを「ブラフマン」と言い、智慧の女神、
富の女神がいるとも言われております。

「虚空蔵」に「アカシック・レコード」に「意識のテータベース」、
アインシュタインの「統一場」、ディビット・ボームの「内臓秩序」、
そして、仏教の「涅槃寂静」これらは、同じ概念になります。

 これらは、量子力学的な概念がなければ、生まれない言葉です。

「虚空蔵」のアカシャに働きかける、ミクロの素粒子のレベルから
極大のレベルまで、森羅万象の無数の組み合わせから、宇宙の扉を開く、
「のうぼう あきゃしゃ ぎゃらばや おんありきゃ まりぼり そわか」
という言葉=キーワードを選び出したのですから、計り知れない叡智です。


アインシュタインもディビット・ボームも現代の最先端の科学者も
解明できないのに、

「のうぼう あきゃしゃ ぎゃらばや おんありきゃ まりぼり そわか」
という言葉の響きで、働きかけて、宇宙の扉を開いたのですから、もの
すごい叡智だと思います。

 現代の人類の最先端の科学よりも、1000年も進んでいた科学だから
こそ解明できたのでしょう。

 空海の「三教指帰(さんきょうしいき)」に、この真言を百万編、
誦すれば大変な暗記力を得られるとあり、虚空蔵求聞持法の説明にも、
智慧や暗記力ばかりか、あらゆる財宝を得られる功徳、大願成就の
功徳があるとされています。

日蓮も12歳の時に「日本第一の智者となさしめ給へ!」と、21日間の
願掛けをされて、求聞持法を実践され、虚空蔵菩薩様から宝珠を
頂かれた!という伝説があります。

 昔の名立たる高僧は、偉大なる空海の業績を熟知していたので、
この、求聞持法の実践をされて頭脳を開花されたものと思われます。


 この手法は、真言宗の長い歴史の中で、門外不出の秘伝中の秘伝で
あり、様々な縛りや制約を設けて、一般の人には取り組めないようにし
てきました。

 1000年の封印が解けて、現代の私達が知ることになったことも
奇跡の様なもので、私は、「10代生まれ変わっても能望には巡り
会うことができないほどの奇跡です」と言ってきました。


 また、ムー大陸の人々は、この言葉を唱えることにより、松果体が
振動して、脳内ホルモンが分泌し、この実践に伴い、勢いよく鼻から息を
吸えば、体内で一酸化窒素が効率良く生産される!ことも、高度な
コンピユーターか何かで、分析して、これらの言葉を抽出してたのです。

  現代の最先端の科学でも不可能なことです。

 各種の脳内ホルモンは、特に奇跡のホルモンであるメラトニンは
強力に活性酸素を撃退し、老化を防止して、いつまでも若さを維持
できるのです。

 一酸化窒素も、万病から身を守り、血管や臓器の機能を高め、
副作用もなく、何よりも効果的に働いてくれるのです。

 
 その他にも、血液の中を最上のホルモンが巡り、全身の細胞に
行き渡り細胞間の好ましいコミュ二ケーションが盛んになるのです。


 さらに、氣のエネルギーが全身に巡り、生命力が向上し、
心身ともに良くなり、毎日、病気の心配をすることもなく、
元気で明るく過ごすことができるのです。


 私の知識では、ムーの人々よりも、1000年も遅れているので、
この程度の分析しかできないのですが、科学が進歩すれば、
まだまだ、とんでもない奇跡の働きや効果がいくつも明らかに
なると思います。


 さて、参考までに、「のうぼう」・・・・ではじまり、「そわか」で終る、
真言が、あります。

 それは、「のうぼう たりつたぼりつ ばらぼりつ しやきんめい 
しやきんめい たらさんだん おえんび そわか」

 と唱える、真言なのですが・・・。

 この真言は、密教の「呪法」の中でも、最強と言われていて、
「太元帥明王霊像秘法」という大げさな名前がついています。

  恐ろしく効果があるので、真言宗では、秘法中の秘法で、平安時代
から、一般には禁止されているものなのです。

 現在では真言宗の最も盛大な「後七日御修法」だけに、行われて
いるそうです。


 明治以後の日本陸海軍の大将うち、特に優れた人物に「元帥」の
称号を与えましたが、これもこの「太元帥明王」からきているそうです。


 戦国時代においては、豊臣家を滅ぼし徳川家康に天下を取らせ、
徳川幕府を影から支えた天海大僧正が、この秘法を用いたと言われています。

 天海は、108歳まで、現役で活躍した人です。

 ですから、当然のごとく、空海が、1000万回以上も取り組んだ「能望」の
実践にも取り組み、頭脳の明晰さと、健康長寿を実現されていたことと
思います。

 松下幸之助さんの、参謀を20年以上も努めた、加藤大観氏も、真言宗の
高僧でしたから、松下幸之助さんの頭脳の明晰さと、健康長寿も、同じように
考えられます。




posted by yosimoto at 10:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 能望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

感情が大切です



よく、願望を叶えるために、イメージつくりをしなさい。

思考は現実化するよと、言われます。

しかし、願いを想ったり、思考したり、

願いが達成した姿をイメージしただけでは、

願望は実現しないことに気づきました。

その思考と同時に、感情を持つことが大切になります。

うれしいな!楽しいな!幸せだな!など、

気分が高揚するような、わくわくした気持ちが必要です。

今まで、願望をイメージしているのだけど、

なかなか願いが叶わない・・・

このような方に不足しているのが、この感情です。

思考(イメージ)にこの感情が加われば、

どんな願いでも叶います。

強烈に幸せな感情を持ってイメージしてくださいね。

上下関係は、思考<感情

だと最近気づきました。
posted by yosimoto at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のひらめき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

アルツハイマーに効果がある?

コーヒー豆やさつまいも、ニンジンに含まれる

「カフェオイルキナ酸」という化合物がアルツハイマー病の

治療や予防に効果があるということが発表されました。

認知症の記憶障害や学習能力が改善されたそうです。

身近なコーヒーが、こんな効力があるなんてすごいですね!

コーヒーは胃がん予防にもよいと聞いていますよ。


いつもありがとうございます。

posted by yosimoto at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

気を高めることからすべては始まる



関東地方に雪が降ったそうですね。

 北国では、今夜から、空模様が怪しくなり、50cm〜60cmくらいの
雪が降るそうですが、全国が冷えてますので、お体には気をつけま
しょうね。

 先日、札幌出身の日本画壇最長老の片岡球子さんが、百三歳で他界さ
れたので、昨日の新聞に載っておりました。

 100歳以上のご高齢の方の話題が多いですね。

 新聞には、「落選の神様」 日本画に新風と、大きくカラーで紹介されて
いました。
 
 北海道の、同じ道(画家)を志す方達には、北海道の自然、風土には
元気の「気」が満ちているので、大切にすることです!と、教えられてい
たそうです。

 若い頃は、落選の神様!と言われたほど、作品を出展しても落選して
いたそうです。

 創作家には、やはり「気」が大切であり、それが本物を創造するのですね。
でも、この極意に若いうちから「気づく」のは、難しいことです。

 片岡球子さんは、学校の教員をされていたそうですから、気のエネルギー
には縁遠い対極にいたことになります。

 
 それでも、何度も何度も落選してもあきらめることなく、勉強して、探求して、
極意をつかまれたのです。

 失敗とは、何かを創作するためのステップなのです。成功するために、
踏み台は必要なのです。

 何度も何度も、立ち止まり、修正しなければ、成功にはたどりつけないの
です。

 ですから失敗なんて元々なくて、物事の修正の仕方を教えてくれる、
大切な経験なのです。


 片岡球子さんが、北海道の後輩達に、元気の「気」が満ちているので、
大切にすることです!と、教えられているのは、自分が苦労したから、
早くそのことに「気づいて」もらいたい!という、願いを込めているのです。

 日本画壇の最長老で、100歳も生きてきたら、その極意を秘密にする
こともなく、同じ道を志す人達すべてに成功することを願っていたはずです。

 素直な気持ちで、その極意は、「氣」のエネルギーです。そのために、
熱心に勉強して下さい!と、教師の本心で、教えているのです。

 片岡球子さんは、絵の本当の極意に気づき、一生懸命励んで、到達した
時点から、多くの人の感動を呼び、日本画に新風を巻き起こしたのです。

 絵画も、彫刻も、書も、音楽も、物書きも、学問も、仕事も、商売も、すべて
その極意は、「氣」のエネルギーです。

 そして、健康で現役で活躍され、長寿で天寿を全うされる共通項も、
「氣」のエネルギーになります。

 先日の、106歳の禅僧、 108歳の彫刻家、そして、103歳の画家、と
108歳の天海もそうですが、共通するのは、「氣」のエネルギーです。


 またまた、「氣」のエネルギーのシンクロです。

 由美かおるさんも、西野先生も、若返りや長寿の秘訣は「氣」のエネルギー
ですから、ますます、勇気が湧いてきます。

 写真を送って頂いた、誰が見ても50歳代にしか見えない75歳の方も、
氣の達人ですから、氣を高めることが、最高の若返りであり、健康で長寿の
秘訣なのです。


 私は、長年気功や呼吸法に取り組んでおりますが、能望の実践が飛びぬ
けて氣のエネルギーが高まります。

 108歳まで、現役で活躍した天海の「陀羅尼」と同じ原理です。

 特に、ノウボウ・アカシャ・ギャラ・・・・・・・・の「陀羅尼」は、日本語では
一切意味不明で、これらの言葉の音も全く聞いたこともない!「陀羅尼」
だから、すごいのです。


 空海は、虚空の空間に入ると「五大に響きあり、十界に言語を具す」
物質と精神には響きがあって、それぞれに言葉を用意している。と
述べています。
 
 ここでの「虚空の空間に入る」というのは、五次元のアカシック・
レコードにコンタクトをとるということで、どの次元にも通じる言語がある!
ということになります。

 五次元の扉を開く、能望の「言葉」が、現存する地球上の人間が、
だれも理解できないのは、当然のことなのです。

 
 
 私は、今まで、人の意識や氣のエネルギーだけが、次元を超越できる!
と言ってきましたが、能望を唱えると、最高の氣のエネルギーが出て、
感謝の気持ちが深まりますから、意識レベルも高まり、その作用で、
五次元にコンタクトができるようになる!ものと思っております。


 誰が唱えても、すがすがしく気持ちが晴れ晴れとなるのも、
これらの音の微妙な組み合わせによるものなのです。

 音の共鳴だけで、脳内ホルモンを放射させたり、生体の機能を高めたり
するのですから、計り知れない叡智です。

  
 能望の中には、ものすごい叡智が、それこそ1000年以上も進んだ科学の
叡智がありますので、みなさんに推奨しているのです。


posted by yosimoto at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 能望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

過程(プロセス)目標と結果目標

ひらめいたことがあります。

よく目標設定が重要。

目標設定がぶれていると、結果がついてこないと言います。

目標設定って2種類あるんじゃないか?って

天?からのささやきがありました。(笑)

過程(プロセス)目標と結果目標。

過程目標を達成した後に、結果がついてくる。

今まで、結果目標ばかり設定していたので、

達成できない時には、落ち込んでいたりもしました。

なぜできないの?

でも、しっかり過程を作っていれば、結果はついてくる!

そう思えるようになったのです。

すると、心も楽になり、もっともっとと言う気持ちが強くなってきました。

結果も当然ついてきています。





このひらめきを与えてくれて、ありがとう♪
posted by yosimoto at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のひらめき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

成長

今日、届いたメルマガの中に、

素敵な言葉がありましたので、ご紹介しますね。


 成長は一生かかって行う仕事。

  谷間に沈んでいるときこそ、

   一番成長できる。

     そこには肥やしがあるのだから...。



                 -- バーバラ・ジョンソン --
posted by yosimoto at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の出合いの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2つ以上のことを同時進行



今、2つ以上のことを同時進行できるようなトレーニングをしています。



トレーニングと言っても、ただ2つのことを同時進行しながら行うことをしているだけです・・・字のままですね。(^-^;)







その時、必ず障害が起こるのです。



やりたくない病。後でもいいや病。



スローダウンします。



でも、これでいいのだと開き直りました。一日は長い。一日内で終わればそれでいい。



時間にゆとりが持てました。



ある時突然、回路が繋がったらしく、ものすごいスピードで突っ走りはじめました。



これって何?不思議です。







これで2つのことを同時進行する、解決できました。「幸せをつかむ時間の使い方」(和田裕美)で優先順位のつけ方を学びました。


これでよし!



本の通りにやってみると、あら不思議。



自然と2つ以上のことを実践できていました。







有難う御座いました
posted by yosimoto at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のひらめき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

能望と気づき



 能望を実践していると、「気づき」が多くなります。
どうして、気づくことが多くなるのか?という質問をいつも頂きます。

 「気づく」という言葉の意味は、何かの気配に「気づく」という表面的な
意味も ありますが、心の底から感銘し、目からうろこが落ちる状態の、
深い「気づき」もあります。


 目の前で起こっている現象の本質がわかり、目覚める「気づき」!

 あるいは、今まで知らなかった事に、何かのきっかけで深く理解す
ることができて感銘する「気づき」!

 というような「気づき」は、その人の生き方や運命までも変えてしま
います。

 ところで、気づくの「氣」は、空気の様な目には見えないエネルギーです。

  般若心経の中の、「色即是空」の「空」は、プラナであり、「気」のエネル
ギーが満たされた実体のない場のことです。

 般若心経では、何もない「無」とは区別して「空」と表現しています。

 「色」は目に見える物質で、「空」は目には見えない実体のないものです。

 色即是空・空即是色というのは、「色」も「空」も、「空」も「色」も同じもの
という意味ですから、目に見える物質も、目に見えないものも同じものである!と、
解釈できます。

すべては一つにつながっている!という東洋の思想です。

 これは、量子力学の最小単位である「量子」の世界で考えたら、すべての
物質は実態のない、波の様なものですから、理解できると思います。

 量子の世界では、どんなに堅い物質でも、山でも、地球も太陽も、
宇宙空間でもすべて、スケスケの「空」の状態、つまり、エネルギーが
漂っている透明な状態になります。

 その状態のことを「無」ではなく、「空」としたのですから、誠に絶妙な
表現です。

 仏教の世界では、量子の世界の素粒子よりもさらに小さな、プラナ=「氣」の
エネルギーを理解していましたから、ずっと進んでいたことがわかります。


 「量子力学」の父と呼ばれた、ニールス・ボーアや、ハイゼンベルクなどは、
昔の東洋の思想に驚嘆して、インドや中国に、自分達の理論との類似性を、
何年間も確かめに行っております。


 量子力学の概念が、東洋の哲学や仏教の根本の思想に驚くほど
類似していて、東洋の数千年前の賢者たちの説いた教えや聖典に記述された
思想や世界観との間に、様々な共通点を見いだしたのです。


 宇宙に広がる「空」の世界には、氣が充満していて、ここからすべてのものが
生じるのです。

 すべての物質も、すべてが起こる現象も、その源流には、この氣のエネルギーが
あるのです。

 従って、世の中の得体の知れない「大きな流れ」の根源は、氣のエネルギー
なのです。
  
 気がつく=「気づく」=「氣づく」=目に見えない氣のエネルギーを感知する
=物事の本質を理解する。それが「気づき」なのです。

 つまり、「気づき」という文字だけを分解しても、気が付くとなっているのです
から、氣というエネルギーを身近に感じて、敏感になり、得体の知れない
実態のないものの「流れを」理解しなさい。と、言うことではないでしょうか。

 本当の「気づき」とは、世の中の情勢、勢い、流行、変動、リズムなどを
察知し、時代の波や 時勢、風向きなどを的確に読み切り、運気を呼び込み、
運命を好転させると言うことなのです。

 そして、さらに重要な「気づき」は、世の中がいくら変化しても、自分の
周りに起こっている現象の「波」は、自分の思考や、決断で起こした「サザ波」が、
フィードバックしている!ということです。

 あの人には勢いがある!とか、時代の寵児!とかの言葉がありますが、
これらの人達も、流れや勢いの発端は、自分から起こしていることになります。


  自分にとって望ましい未来となる波を起こしているのか?それとも望ましく
ない未来を招く波を起こしているのか?

  自分が、波の源流であることに気づけば、マイナスの現象を起こす波を
起こすことのないように、自分の思考を変えて行きます。

 能望を実践していると、前向きの思考になりますから、このことにも気づいて
来るのです。

 「気づき」の「氣」とは、
 
  ・森羅万象の根源、世の中に起こる現象の源流
  ・生命の根源
  ・人間の心身の働きをつかさどるエネルギー

 宇宙に充満している氣が、常に流動していることによって、全ての
物・全ての事の生成・変化・消滅という現象を起こすのです。
 
 氣のエネルギーが不足すると、病気になったり、老化が早まります。
氣が枯れる!状態になるからです。

 能望の実践で、つねに氣のエネルギーを全身に充満させて下さい。
 

 有り難う御座いました。
posted by yosimoto at 08:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 能望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

天職と適職の見つけ方



今日、久々に本棚を眺めていたら、
「人と同じじゃ意味がない」(西谷泰人)が目に留まりました。

中を読んでみると、興味深い章が・・・

第二章 天職と適職の見つけ方

長嶋茂雄さんのエピソードが紹介してありました。

長嶋さんは、根っからの野球好きはご承知の通りですね。
一度野球をし始めると、周りのことは全然気にならない。
何を言われても気づかない。

試合に夢中になって、幼い子供の一茂を球場に忘れて帰ってしまった。
家族を忘れるほど、野球が好きだったのですね。

長嶋さんの天職は「野球」であることは想像がつくと思います。

天職とは、やり始めると家庭も何もかも全て忘れて夢中で打ち込めるもの。そして、生きがいになるものです。
また何時までやってもやっても楽しくて、嬉しくて、幸せを感じるものです。

適職は、自分に向いているもの。好きな分野で、才能や能力が備わっているもの、と言うことになります。

天職や適職を探す基準は、やっぱり自分の好きな方向です。

そして、この基準も覚えておくといいですよ。

子供のころ描いていた夢?

子供のころ好きだったこと?

子供のころよく読んでいた本?

子供のころ考えていたことって、私利私欲がないから純粋なので、
子供時代にどんなことを考えていたのだろう?と
思考を深めていくと、よいアイデアが閃いたりすることがありますよ。


天職に出会えると、社会で活躍できます。


天職って何だ?ともっと突っ込んで知りたい方は、
「人と同じじゃ意味がない」(西谷泰人)を読んでみてくださいね。


posted by yosimoto at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功の学び舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

60年に一度の大幸運を掴みましょう!



≪六十年に一度の「大幸運」を招く意識!!≫


 今年の干支は子ですが、子年の守り本尊は千手観音です。

 「十一面千手観音」という観音様の中でも最高にご利益のあると言われ
ている仏像でもあります。

 十一という数は、インナーCEOにも関連した、ゆかりの数になります。
千手観音の手で、要望書を書くのですから、これも関連してきます。

 そして、千手観音様の手の形から、スパイラルのオーラを修復する手の
渦巻きのポーズが生まれたのですから、今年こそが、大きく花開く年になる
予感がしています。

 子年は12の干支の最初になりますから、12年に一度の幸運を招くことになると
確信しております。小さくは12年に一度、大きくは還暦の60年に一度になり
ますから、六十年に一度の「大幸運」を招く人も大勢いる事と思います。

 それでは、六十年に一度の「大幸運」を招く「意識」を持ってもらうために、
千手観音の「手」に関連した文字を紹介します。

==========================================================
 上手、妙手、手腕、手法、お手並み、手柄、手段、王手、手馴れ
手まめ、手際、担い手、手を尽くす、手立て、次の一手、手厚く、手数
===========================================================

 これらの言葉から、自分が努力して上達して、あらゆる場面で活躍している
姿をイメージして下さい。必ずプラスのイメージにして下さい。

 六十年に一度の「大幸運」を招く意識を導く言霊ですから、一つ一つの言葉を
噛み締めて、魂に染み込ませるのです。

 自分のお気に入りの言霊と一体化して、ワクワクする感情も引き出して
下さい。

 例えば、

・<上手に、手際良く、手腕を発揮して、担い手になって輝いている自分の姿!>
をありありと思い描くのです。


======================================================================
 手助け、手を貸す、相の手、手塩、手本、手取り足取り、手に手を取る
手の込んだ、手探り、手作り、手製、手配、握手、手習い、相手、手間、手料理
=======================================================================
 
 これらの言葉から、じっくりと時間をかけて、思いやりとか人を助ける事が
大切になります。

 親切に教えて上げる、親身になって相談して上げることが「大幸運」を招く
ことになります。

 周りの人に温かい愛情の手を差し伸べてあげて下さい。多くの人が手の
ぬくもりを待望しているのです。
 
===========================================================
 入手、手取り、手にする、手当て、手中、手形、小切手、手数料
=============================================================

 これらの言葉からは、上の例をしっかり意識して実践すれば、
自分が望んでいるすべてが得られる! 報酬として入手できる!という
ことになります。

 入手や手にする、という言葉は、「お金」では買うことのできないもの
でも、得られるようなニュアンスのある言葉ですね。

 自分の希望するものを手中にした事を、この言葉と共にありありと
イメージするのです。


その他にも、

=================================================================
 手帳、手紙、手合わせ、選手、手芸、手を合わす、手を広げる、手相、
手前、運転手、助手、手話、若手
=================================================================

 などが、あります。意識するか否かでは、今年1年の命運が違ってきます。

 尚、マイナスの言葉は、直ぐにイメージしてしまうので省略しました。


 手偏(てへん)の言葉には、

 技、拾、描く、拡、援、抜く、担、深、仰、拝、拝、握、挨、拶、揚・・・。
財の才も(てへん)の仲間になるようです。

 才能、天才、秀才、蓄財、財宝、財を成す、これらの言葉を意識され能力を
発揮して莫大な財産を築いて下さい。

 2008年は、「手」がキーワードになると思います。

 手を合わせる合掌もエネルギーアップになりますから、エネルギーを高めて
手腕を発揮されて、思い通りの願望を達成してください。

 
 今年も1年間、よろしくお願い致します。

 皆様のご多幸と成功を心から確信しております。


posted by yosimoto at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功の学び舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

明けましておめでとうございます。

2008年、明けましておめでとうございます。


2008年、新しいことを始めると、何事も上手く行くと言われている年だそうです。

今年は、今までやりたかったけどできなかった、

このような事柄を一つ一つ実践して行動に移していくと
いいですね。

2008年、ブログに訪れた皆様が裕福に、そして幸せを感じられるような情報を発信していきたいと思います。



今年もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by yosimoto at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のひらめき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

結局は、自分次第



≪人間の年齢は自分が何歳と思っているかで決まる!≫


 私は、この2〜3年、江戸時代の高僧である天海が108才の年齢まで
現役で働いていたこと、故・松下幸之助氏(94歳)も、日野原 重明氏
(95歳)も高齢になっても活躍が できることなど、人によって年齢が
違うことに注意を払ってきました。


 パワーかフォースか」の作者であり、精神科の医師でもあるホーキンズ
博士の年齢は、現在は、90歳近くにもなるのですが・・・。 


 人生のほとんどの間かけ続けていた遠近両用眼鏡は、もう必要ありません
でした。と、彼が80歳の頃に、本に書いております。

 老眼鏡の必要がなくなった!ということは、実際の肉体年齢の80歳よりも、
30年以上も若くなったことになります。


 実際の年齢が80歳の時に30年若くなり、50歳になったとしても、老眼鏡は
必要になります。ですから、目に関しては、それ以上も若くなっていたのです。


 年齢と意識に関する面白い実験結果があります。

===================

 米国のランガーという学者が1979年に生物学的な年令を測定した
実験をしました。


 その実験とは、75歳以上の男性を、1週間リゾートで共同生活を
過ごさせたのです。

 その条件は、新聞や雑誌、家族の写真などは一切持ち込み禁止で、
その施設には20年前の新聞、雑誌が置いてあり、流れている音楽も
20年前のヒット曲で、会話の内容も20歳若いつもりで話すこと、
仕事の話も現役バリバリであるかのように話すことという条件もつけました。

 もう一方のグループには、同じリゾートで、年令そのままに過ごしました。

 1週間後の調査では前者のグループは手先の器用さや記憶力で実際に
若返っていたし、積極さや行動の上でも55歳のようであったそうです。

 指の長さも長くなり、関節の柔軟性も増し、背筋も伸びて若いときの
ように姿勢が良くなっていたそうです。

 握力測定でも筋力が増し、視力、聴力も改善され、なんとIQテストでも
点数が上がっていたとのことです。

 意識を変えることで細胞の活性化が起こり、若返ったということです。

==================

 クラス会に出席したら、皆が当時の高校生や中学生に戻ってしまうような、
そんな感覚になってしまいますから、何となくうなずけます。

 ところで、

「一二三」ひふみ、
「三四五」みよいず
「五六七」ミロク

一から七までの数には、特に七には何かのリズムがあるようです。

 虹の七色や七五三の七に、七福神の七、一週間を七日として、
月の自転が二十八日で、七を四回重ねた数です。

 ちなみに仏教では三は吉祥を意味した幸せの数で、七は成就を
意味します。

 二十一は三と七の乗数ということでさらに良いと云われます。

 お大師様=空海が入定されたのも三月二十一日ですが、
偶然ではないような気がします。

 話しがそれましたが・・・。

 世の中には、実際の年齢よりも、若くて元気な人、その反対に老けて
見える人など様々ですが・・・・。

 例えば、同じ50歳でも、40歳の肉体の人、60歳の肉体の人が存在しています。
もちろん、年相応の50歳の肉体の人、さらに、50歳なのに、30歳の肉体の人も、
70歳の肉体の人もいますので、千差万別です。

 中年過ぎると誰もが年齢が気になりますが、人には実際の肉体年齢も含めて
大まかに、七つの年齢があるのではないか!と、七の数字から思いました。

 
 七つの年齢というのは、実年齢も含めて、七段階あると言うことです。

 例えば、50歳の人なら、30歳 35歳 40歳 50歳 60歳 65歳 70歳と、
同じ50歳でも、それぞれ大まかに七つの年齢で生きているのです。

 例えば、Aさんは、郷ひろみのように50歳なのに、30歳くらいにしか見え
ないね。ところが、Bさんは、50歳でも、大病を患い70歳くらいに老け込んで
しまいました。

 クラス会に出席すれば、若さを保っている人と、老けた人がいるので、
実感できると思います。

 
 30歳の人なら、 42歳、39歳、36歳、30歳、24歳、21歳、18歳と、42歳の
人もいれば、18歳の若さを保っている人もいるのです。

 若い時は、そんなに差がありませんが、年齢が進めば、大きく差が
出てきます。

 50歳は50歳だろう?と、誰もが思うことですが・・・。そして、ほぼ100%の
人は、世の中の奇跡概念に縛られて、「年相応」がベストであり、仕方のない事

思っています。

 例えば、由美かおるさんは、1950年生まれの 現在57歳ですが、
誰が見ても30歳前後にしか見えません。

 由美かおるさんは、西野皓三氏のお弟子さんで、全身の細胞に氣の
エネルギーを与えて、この若さを保っているのです。

 西野皓三氏は、1926年生まれの81歳ですが、彼も現役で指導されて、
誰が見ても若々しく、由美かおるさんと同じく、彼の年齢の七段階の一番若い
レベルで生きているのです。

 80歳なら  112歳 104歳 96歳 80歳 64歳 56歳 48歳の七段階になり
ますが、西野皓三氏は、81歳ですが、48歳の世界で生きていることになります。

 彼らも同じ人間ですので、バレエ、合気道、呼吸法の修練を長年積み重ね、
氣のエネルギーを全身の細胞に与えて、若さと健康を維持しているのです。

 普通の人にも、氣のエネルギーを全身の細胞に与えることができるのが、
能望の実践です。

 意識を変えることができるのも、能望の実践です。
 
 オーラやチャクラの回転のエネルギーを活性化するのはスパイラルシートです


 50歳になっても、60歳になっても、70歳になっても、あなたの年齢はあなたの
意識が決めるのです。


 有り難うございました。
posted by yosimoto at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功の学び舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

大晦日、最後のお仕事



大晦日にする最後のお仕事があります。

それは、「心のおそうじ」です。

紙に、今年一年、自分が嫌だなぁ、こんな自分は嫌いだ!と言う事柄を108個書き出します。

そして、その書き出した108個を、

来年は、このように変えると念じながら、

一つ一つ線で消していきます。

除夜の鐘が鳴り始めてから書き出します。

除夜の鐘がなり終わった次の瞬間、新しい自分が生まれます。

もう、今年も残り8日ですね。

来年の準備を今から整える時期になりましたね。

この8日で来年の運を創ることができます。

最後まで諦めずに、やるべき事を一つ一つ解決していきましょうね。
posted by yosimoto at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のひらめき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

スパイラルシートの質問



================

12/17より入門コースを始めました。
これから3ヶ月間の御指導よろしくお願い致します。

鈴木先生のメルマガを10月から拝見しまして
一番最初に「和の天恵シート」を購入しました。

今までの能力開発に感じていた違和感は
これだったのか、これなら私にも理解できるかも・・と

一足飛びに『感謝のスパイラルシート」を購入して
しまいましたが全くわけがわからず????でした。

そこで第1回目からのメルマガを全て読み直して
初めての能望の意味や天恵シートのことなどを
理解しました。

ようやく2007 9/25までたどりつきました。

9月に入ってスパイラルの説明を先生がメルマガで
何度もしてくれているのですが未だに今ひとつ
良くわかりません。

降龍と昇龍を見比べて回り方はどちらも
同じ矢印になっているので
どちらも右回りということでいいのですよね?

説明には「ゆっくり息を吐きながら・・」と
あり、アドバイスのほうには
「少し早めに・・」とありますが、

早めにやるときというのは
鈴木先生がメルマガに書いていた
「ハァ、ハァ、ハァー」という呼吸でやる
ということなのでしょうか?

能望初心者の私ではスパイラルシートを
理解するのはなかなか難しいです。

昨日スパイラル実践していたら無性に眠く
なってしまったのですが、
そんなことはあるのでしょうか?

私のやり方がおかしかったせいでしょうか?

==================

 投稿ありがとうございました。

早速、お答え致します。

>降龍と昇龍を見比べて回り方はどちらも
>同じ矢印になっているので
>どちらも右回りということでいいのですよね?

 ○降龍は左巻きの渦です。 昇龍は反対の右巻きの渦です。

 降龍は左巻きの渦ですが、右巻きに降りるのです。これが長年の
疑問が解明され、スパイラルシートに至った理由でもあります。

 というのは、マイナスの現象が起きた時は、自分の周りに左巻きの
渦巻きが起きている事がわかったのです。

 その原因はマイナス思考のエネルギーです。

 すべての事象の起因は、エネルギーになりますから、マイナス思考の
エネルギーが発端になっていたのです。

 そのマイナスの現象で起きた左巻きの渦巻きは、次々にマイナスの
現象を呼び込みますから、降龍が沈めて清浄化するのです。

 リセットまたはクリアする!ということです。

>早めにやるときというのは
>鈴木先生がメルマガに書いていた
>「ハァ、ハァ、ハァー」という呼吸でやる
>ということなのでしょうか?

 ○初めはゆっくりと、慣れてきたら速めにという意味です。
息を吐くときは、すべて吐き切ります。「ハァ、ハァ、ハァー」でも
最後のハァー・・・・・・で、すべて息を出し切ります。

>能望初心者の私ではスパイラルシートを
>理解するのはなかなか難しいです。

 ○初めからできる人はいません。混乱している人は、
降龍と昇龍と成龍の三龍を一度に取り組もうとするからです。

 小学生が大学生の勉強を取り組もうとしても無理なように、
いきなり三龍を取り組もうとしても無理です。

 ですから、降龍だけを1ヶ月から2ヶ月取り組んでください。
ヨガを10年以上も取り組まないと得られない能力とパワーが身に
つきます。

 初めのうちは、昇龍と成龍には目を向けないで下さい。

 降龍だけでも、高価な能力開発のプログラム以上の効果があり
ますから、じっくりと取り組んでください。

 降龍に取り組み、命数も頭に入り、1ヶ月から2ヶ月でマスター
できれば、昇龍と成龍は、ウソのようにできるようになります。

 自転車が乗れた後は、片手でもラクラク乗れるのと似ています。
今は、自力では自転車が乗れない状態なのです。

>昨日スパイラル実践していたら無性に眠く
>なってしまったのですが、
>そんなことはあるのでしょうか?

 アカシック・テストでも同じ現象が見られますので、同じ回転の
エネルギーが共通していますので、これは望ましい現象です。

 脳波が、アルファー波からシーター波になっているのです。
願望実現には理想的な脳波で、まどろんでいる状態です。

 慣れてきたら、幸福感を感じるようになります。

取り組み方は正常ですので、このまま続けてマスターして下さい。

 有り難うございました。


 次の方は、アカシックでOKが出たそうです。

=================

鈴木先生こんにちわ

430回でお世話になったゴマ粒より小さい物をイメージするのが
苦手な‘ゴマちゃん‘です(~0~)

あれからスパイラルシートを購入してから・・・

「このミクロの命数の文字を瞼の裏に思い浮かべればいいんだぁ!」と思い、
これなら私にも出来る!と思ったのですが、先生が脳望を唱えながら
するといいとおっしゃってたので・・・

声にするのは脳望で、頭の中はミクロの命数なのでけっこう初めは
頭に順に浮かばないしイライラして・・

でも最近まだ降龍だけですが少しスラスラと頭に浮かぶように
なってきて・・(~0~)

そして先生のメルマガを勉強していくと、ミクロの命数はずっと
私は物質を小さくしていく考えでいたから行きづまって・・
これは思いや気の世界に繋がっていくんだとやっと気づきました。

で、今日先生に聞きたいと思ったことは、阿頼耶とか阿摩羅とか
言う文字は知りませんでしたが、涅槃寂静の涅槃とはよくあの世、
天国みたいな言葉で・・だから私は涅槃寂静をイメージする時は
天国みたいな所を想像してしまうのですが・・・

それで最近の先生のメルマガに気=霊魂であり、魂って
おっしゃっていたので・・・ズバリ死んだ人は5次元にいるの
でしょうか?5次元が天国なんですか???

私はそういう心の世界、思いの世界にすごく興味があるので、
アカシックテストで「先生にそんなこと質問しても答えてくれますよね?」と
聞いたら右に回りましたので、先生よろしくですぅm( __ )m(~0~)!

あと、アカシックテストで私たちに教えてくださる方?は
インナーCEO=○○守様ではないのですよね?
最近ごちゃになっているようで・・・

あと、アカシックテストで失礼ながら先生の意識レベルを聞くと
900とか1000までいってしまって・・

「マザーテレサや松下幸之助が700なのにぃ〜?あ〜でも
脳望930を制覇している先生だから900いって当たり前かぁ〜!」など
とやっているのですが・・・なにぶん○×当てカードも5:5の私ですから・・

先生の意識レベルはいくつなのでしょうか?よければ教えてくださいね(~0~)

鈴木先生、北海道は東京よりもっとも〜っと寒いようなのでお体を
大切に(~0~)v

=================

メール有り難う御座いました。

>これは思いや気の世界に繋がっていくんだとやっと気づきました。

そうです。次元を超える媒体になるのは、意識や氣のエネルギーなの
です。ですから、ミクロの命数がスパイラルの渦巻きに入っているのです。

>それで最近の先生のメルマガに気=霊魂であり、魂って
>おっしゃっていたので・・・ズバリ死んだ人は5次元にいるの
>でしょうか?5次元が天国なんですか???

 死んだ人は、四次元の迷いの世界と、五次元以上の天国の様な
世界にいるようです。

 六次元も七次元もあるそうですが、空海は八次元にいるそうです。
いずれにしても、この世は仮の世界で、色々な課題を与えられて、
それを乗り越えるための修行に来ているそうです。

 本当に長くいる所は、あちらの世界のようです。

>あと、アカシックテストで私たちに教えてくださる方?は
>インナーCEO=○○守様ではないのですよね?
>最近ごちゃになっているようで・・・

 ○インナーCEO=○○守様も答えてくれる時もありますが、
インナーCEO=○○守様が、五次元のアカシック・レコードに頼んで
くれるのです。

>先生の意識レベルはいくつなのでしょうか?よければ教えて
くださいね(~0~)

 ○皆さんは、私のことを高いレベルで測ってくれますが、
 そんなに高くはありません。

 せいぜい、ヒーラーのレベルくらいかと思われます。 
2008年は、スパイラルで是非とも600くらいまで上げたいと思って
おります。

>鈴木先生、北海道は東京よりもっとも〜っと寒いようなのでお体を
>大切に(~0~)

 有り難う御座います。 あなた様もお体を大切にしてください。



 次の方です。

==================

先日商売繁盛のスパイラルシートを購入させていただきました
○○ ○といいます。

初めて購入したのでいまいち使い方、やり方がよくわかりません。

シートを手に持って息を吐きながら、「りっとく」から順番に声に出し、
さらにイメージで心臓から下に向かい体の中を渦巻きが降りていく
イメージも同時にする。こんな感じですか?

続けると身体の感覚によく出てくる変化などはありますか?

余談ですがレイキというヒーリング技法はご存知ですか?

レイキの第一シンボルは左回りの渦巻きでした。

==================

 投稿有り難うございました。

>シートを手に持って息を吐きながら、「りっとく」から順番に声に出し、
>さらにイメージで心臓から下に向かい体の中を渦巻きが降りていく
>イメージも同時にする。こんな感じですか?

 ○そうです。 手を添えて実践すれば、氣感がある人ならば感じが
 つかめまます。

 >続けると身体の感覚によく出てくる変化などはありますか?

 ○ 体温が上がります。 免疫力が高まります。幸福感があります。
 チャクラを開けば、ありとあやゆる能力がつき、運もツキも良くなり
 ますが、このような状態になります。

 スパイラルシートの実践は、オーラの修復とチャクラの活性化により
エネルギーを高めて、遺伝子のプログラムをONにすることにあります。

  
  願望を実現するための、このようなサイトがあります。

==================

素人は、道具がなければ、潜在意識には自在に、願望を入れることは
できません。

(道具というのは、リラクゼーション等の訓練や、願望達成ツール等です。)

それにもかかわらず、素人は、道具も使わずに、願望達成を行おうとする
のです。ただ、イメージを描けば、潜在意識に願望が入ると考えているのです。

それに対し、プロは、一般的に、願望を潜在意識に自在に記憶させることが
できます。

これは、長期間にわたり、訓練をしてきたために、チャクラが活性化
しているのです。

そのために、道具もなしに、潜在意識に願望を入れることができるのです。

ご存知でしたか?

これは決定的といってもいい違いです。

あなたも、10年間にわたり、願望達成のための訓練をすればよいのです。
そうすれば、潜在意識に、自在に、願望を入れれるようになります。


===================

 この文章にも、チャクラの活性化について書いていますが、一般的に
10年間もかかるものを、スパイラルは短期間で実現しようというものです。


 降龍で、毎日、頻繁に起こるマイナスの現象をクリアする事ができる
ので、奇跡の様なことができるのです。


 >余談ですがレイキというヒーリング技法はご存知ですか?
                             
 ○仙道や丹田呼吸に取り組んでおりましたので、レイキという
 名前は知っております。

>レイキの第一シンボルは左回りの渦巻きでした。

 ○この左巻きの渦を右に降りるイメージをすれば、ヒーリングのパワー
も高まると思います。

 有り難う御座いました。



posted by yosimoto at 05:49| Comment(0) | TrackBack(1) | スパイラルシート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

愛のあるか解決法を選択する



 人生は山あり谷ありの連続で、どんな人にも問題が生じます。

 釈迦やキリストでも、我々一般人でも、同じように、解決しなければ
ならない問題が次々と起こるのです。

 それが、この世に生まれた理由なのかも知れません。

 対人関係、健康の問題、事業の運営、ビジネスの問題など、
良い時もあれば、悪い時もあります。


 すべて、自分が招いているのですが、その中でも大きな波の
うねりに影響されているのです。


 良いことばかりが起きる人でも、その良いことにも明暗がある
のです。


 これは、宇宙が常に変化しながら進化しているように、私達も、
宇宙の一部ですから、常に変化していて、明と暗の現象が交互に
起きるのです。


 波の浮き沈みと同じです。経済の状況や株価の変動、そして、
心電図などの波形からもその浮き沈みがわかります。

 

 私達は、いくつもの間題(人生の課題)が、人生の歩みの中で
生じてくるようになっているのです。


 そして、肝心なことは、この間題が生じた時に私達は、二通りの
解決法のどちらかを選択している事です。


 その解決法の一方は、「生命を生かす、愛のある和の精神の、前向きの
解決方法」です。


 他方は、反対に「生命を殺す、愛のない敵対の精神の、後ろ向きの
解決方法」になります。

 
 現代人は、西洋の文明化にありますから、後者を選ぶ人が多いのです。


  前者を選ぶと天が味方してくれて運が良くなり、後者を選ぶと、天が
さらに厳しい試練を与えるのです。


 現在、人類は、地球全体で厳しい試練に直面していますから、誤った
解決法の選択をしてきたのです。

 


 自分が招いたマイナスの現象でも、愛のある和の精神の、前向きの
解決方法を選択すれば、問題は解決され、流れが変わるのです。


posted by yosimoto at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功の学び舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。