2008年05月01日

幸せ文庫



この様なメールを頂いておりました。

/////////////////////////////


携帯からは久しぶりに注文させていただきます。

先週は感想メールをメルマガにも取り上げて頂き
ありがとうございました。

ここしばらくは図書館で借りた本などを少しずつ
読んでいるのですが、やはり間脳、松果体、
視床下部などキーワードが多々出てきます。

知識としては勿論ですが、知っているだけではなく
能望を始めとして、それらを活用出きるようにと
思っています。

少し質問なのですが「幸せ文庫」のサイトでも
紹介されている下記の内容は、購入した場合
それぞれどういった形式になりますでしょうか
(アカシック・テストのようにPCへのメール配信、
または小冊子のような形での郵送物とか)?

・天恵イメージ法
・天海コード
・五次元の超越意識
・八正道
・若返り革命
・回転のエネルギーは成功の原動力

また、まだございましたらフトマニ図の名刺も
よろしくお願いいたします。

//////////////////////////////////

質問、有り難うございました。


>ここしばらくは図書館で借りた本などを少しずつ
>読んでいるのですが、やはり間脳、松果体、
>視床下部などキーワードが多々出てきます。

○そうですね、医学的見地から説明している本が増えて
いるので、能望を実践された時に、納得できます。

 間脳、松果体、視床下部というと、神経や、脳内ホルモンに
なります。

 私としては、氣のエネルギーを優先的に説明したいのですが、
どうしても、現代人に説明すには、氣から入ると耳を傾けてくれない
ので、医学的にも認められている脳内ホルモンや神経伝達物質
になってしますのです。


>少し質問なのですが「幸せ文庫」のサイトでも
>紹介されている下記の内容は、購入した場合
>それぞれどういった形式になりますでしょうか
>(アカシック・テストのようにPCへのメール配信、
>または小冊子のような形での郵送物とか)?

○ PDFファイルでの送信になります。

  興味のある人は読んで見てください。

 ケイタイでは読めないので、ケイタイのサイトから配信できる
ように、考えているところです。


 さて、先ほどの続きになりますが、氣のエネルギーについては、
戦後、GHQの洗脳プログラムで1945年〜1952年まの7年間、
連合国と日本の政府による、国家的な洗脳があったようです。

 60年以上も経っているのに、その洗脳から抜け出せないで、
多くの問題を抱えているのが現代の日本人です。


 能望や『幸せの和』は、大多数の洗脳の呪縛から抜け出せない
人達を救うために与えられたのかも知れません。

 どうして氣のエネルギーを否定すると、多くの問題を抱えることに
なるのか?

 日本国民は、巧妙なマインドコントロールで、人間が生きていく
柱になる精神性を奪われ、心の柱を失ったために、無力化、弱体化
しているのです。

 心に芯のある、核のある人間と、芯のない人間の違いです。


 氣の概念を奪われたために、本気で物事を考えなくなり、
何事も本気で取り組むことができなくなり、本気で人を愛することが
できなくなったのです。

 そして、元気のエネルギーが減少し、病気が多発しています。
2000万人から3000万人もの花粉症になるのは異常な世界です。

 
 それでは、戦後の経過を、じっくり、読んで下さい。

=================================

 第二次世界大戦後、日本は、マッカーサー司令官率いる
連合国軍総司令部(GHQ)の占領統治下になりました。

 GHQは1945年9月から1952年の占領終了までのおよそ7年間、
徹底した言論の検閲と統制を行いました。

 日本がアメリカの脅威とならないように、日本国民から精神性を
奪い、無力化、弱体化し、アメリカに従順になり、無力な国にする
ことを目的とし、GHQの指令を日本政府が実行するという形で
行われました。

 その中でも、ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムとは、
民間情報教育局(CI&E)によって展開された、洗脳プログラムです。

 それは、日本人に戦争の罪悪感を植えつけ、民族の誇りと
自尊心を奪い、再びアメリカおよび連合国の脅威とならないよう、
無力化、弱体化させることを目的とした徹底した洗脳プログラム
でした。

 一連の、民間検閲支隊による検閲と民間情報教育局による
宣伝が相乗効果を発揮し、戦前の日本人の歴史観、道徳観は
劇的に変えられていきました。

 
 その内容の一部を紹介すると、

 1945年12月31日、民間情報教育局は、修身、日本史、地理の
授業を即時中止するよう指令を発し、これらの教科書の回収が
命じられました。

 「修身」とは、古今東西の偉人らの逸話を通じて、努力、
忍耐、責任、公益、勤勉などの徳目を子供たちに学ばせ、
人格を陶冶する教科でした。



 明星大教授の高橋史朗は、GHQのプログラムの目的に
ついて「東京裁判が倫理的に正当であることを示すとともに、
侵略戦争を行った日本国民の責任を明確にし、
戦争贖罪(しよくざい)意識を植えつけることであり、
いわば日本人への『マインドコントロール計画』だった」と
指摘しています。

 一方、ジャーナリストの櫻井よしこさんは、日本人が戦後、
自らの責任で東京裁判史観を軌道修正できなかったことを
反省しつつ、

「二度と他国の謀略に敗北し、二度と自国の歴史、文化、
文明、価値観、立場を理由なく否定されたり、曲げられたり
することのないように、しっかりと歴史を見ていくことが
これからの課題だと思う」 と、論文を書かれています。


 私たち日本人は、7年間のGHQによる国家的規模による
洗脳により、民族の誇りも、自尊心も奪われ、弱体化したのです。

 GHQの規模は、最大43万人で、日本の政治、経済、教育、
そして、ラジオ・新聞・雑誌他、一般市民発行の本に至るまで
厳しく取り締まり、情報を統制しました。


 占領軍に協調しない本や新聞には紙の原料がが配給されな
かったのですから、想像もできない圧力です。

 国民を弱体化する作為のある出版物が大量に波のように国内に
あふれ、占領軍のイデオロギーは、ラジオを通して、一日中流れてい
たのです。

 学校では、あらゆる宗教教育が禁止され、精神的な価値を
示唆することは一切禁止されたのです。


 団塊の世代や、その上の世代は、特にその洗脳が強くかけられて
いて、「氣」と聞いただけで、攻撃的になる人もいるほどですから、
マインドコントロールを解くのは、大変なのです。

 昭和20年〜27年まで、連合国のGHQが主体で、日本政府、大学が
その手先になり、日本国民を洗脳し、昭和27年〜現在までは、
日本政府、厚生省、文部省、大学などが、中心になり、洗脳を続けて
きたのです。

 インターネットが普及して、その実態がわかり始めて、だんだんと
これらの洗脳が意味のないものと、人々がわかり始めてきたのです。

 社会保険庁や厚生省の実態が50年以上もわからなかったように、
まさか、私たち日本人も50年以上もわからないうちに、弱体化の洗脳
をされていたのです。


==================================

 厚生省は、年金を初め、高齢者に対しても、HIVや薬害訴訟など、
どうして、非人間的なことができるのだろ?

 と、色々調べていたら、厚生省、ミドリ十字、731部隊など、
そして、GHQの戦後の7年間の洗脳政策などが、わかってきました。


 やはり、日本人は、日本人の精神性を奪うもの、特に、氣の
エネルギーに関しては、完全にマインドコントロールを受けている
のです。

  「氣」を受け容れない、「氣」を拒むために、邪気の思う壺になって
いて、ほとんどの人が当然のように病気になっているのです。

 学齢期の子供が学校に行くのはあたり前のごとく、自分達も年を取ると
病気になって病院に入院するのは当たり前と思い込んでいるのです。

 薬漬けの医療制度も、GHQ、厚生省、ミドリ十字、731部隊などが
関連して、洗脳されてきたつけが、膨大な医療費につながり、
自分で自分の首を絞めることになり、

 気の抜けた人間は若い時は大丈夫ですが、40代、50代になると
急激に老化が進むのです。

 マインドコントロールにかかり、正気=生気を拒んでいるために、
邪気=病気に取り付かれ、20代、30代からでも「うつ病」など、
現代人の特有の病気の餌食になっているのです。

 
有り難う御座いました。
posted by yosimoto at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せの和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。