2006年09月30日

天恵イメージ法 2【S氏のメルマガ】

皆さん、秋の夜長をいかがお過ごしですか。

今日は、9(来る)、29(福)、「福が来る」日で、招き猫の日と
言うそうです。

 私のメルマガもちょうど200回目になりました。これも読者の皆様が
読んでくれるおかげです。心から感謝いたします。

 これからも多くの皆さんに、幸福が来ることを確信して、メルマガを
書き続けます。

 大勢の方から相談を受けますが、成功している人もいれば、窮地に
陥っている方もおられます。

 順調に行く人生なんてほとんどないと思います。成功のための試練を
乗り越えるために人生があるような気がします。

 莫大な借金を抱えていたり、対人関係で悩んでいたり、自分を
見失って無謀なことをしたり、難病にかかったり、詐欺に引っかか
ったり、と、十人十色ですが、その人が乗り越えられない試練を神様は、
決して与えません。

 試練が大きければ大きいほど、それを乗り越えた後の成功も、
大きくなるのです。

 今の世の中、ほとんどは、「お金」で解決できる問題が多いのですが、
経済的問題も健康の問題も、心をしっかり持つことにより、乗り越え
られます。

 命がある限り、どんな試練が襲い掛かってきても、七転び八起きの
精神で、立ち向かうのです。

 この世に生を受けて生きている限り、浮き沈みの波があり、喜びと
悲しみ、後退と成長の連続があるから、魂が向上して行くのです。

 決して逃げてはいけません。無責任な言い回しですが、困難にあって
悩み苦しんでいても誰も解決はしてくれません。

 自分が立ち向かうより他に、解決の糸口はないのです。

 現在、このメルマガでは、能力開発の原点とも言うべきイメージ法の
説明をしております。

 多くの人が抱えている経済的問題も、地球の環境問題も、人々が
エゴを捨て、豊かに繁栄することをイメージできれば、問題は解決
できる!と、確信しております。


 天海コードでも、特別に特集を組んでこのイメージ法を深めており
ますが、このメルマガでも、200回からもよりイメージ法を追求し、ビジネス
でも、学習でも、健康でも、あらゆる願望が達成できるように、書きたい
と、思っております。

 これから能望を始められる人も、今まで、何年も実践してきた人も
イメージ法は能力開発の原点あり、これをマスターすると、一生の
財産にもなります。


 禅の瞑想もイメージ法ですから、奥の深いものです。
平常心を保つためにも現代の人には必要な手法だと確信しています。
 
 イメージが自分を変え世界を変えます。私達の一人一人の経験が
違うように、持っているイメージも違います。この辺のところから、少々
踏み込んで説明してみます。
 


生まれつき何十年も、目の見えない人が、手術により、
目が見えるようになると、この人はどのようになるのか?という
研究結果があります。

 その人が体験したのは、目に入って来るものは、何の形も意味
も持たずに、ただ流れ込んでくるだけの光の洪水だけで、その人
には耐えられない体験だったそうです。

 混乱したのは視覚だけでなく、触角や聴覚などほかの感覚ま
でもが影響を受け、その人は狂乱状態に陥ったそうです。

 この狂乱状態から逃れるためには、目を閉じるしか方法はなく、
その人は二度と目を空けようとはしなかったそうです。

 この研究は、とても示唆に富んでいます。それぞれの人が
見ているものは、同じものを見ていても、経験や意味合いも、それ
ぞれ違いがあり、実物どおりではないのです。

 人により受けるイメージも当然違ってきます。

 一般に私達は、それまでの成長過程で蓄積されてきた体験の
枠組みのなかでしか世界を見られない傾向にあります。

 私達は対象物を目で見ているようですが、脳が認識しているので、
体験していない枠組みの外のことは、見えていないのです。

 子供達の学習を指導していると、このことが顕著にわかり、特に
学習の苦手な子は、学校の授業などは、つまらないものと決め付けて
いるので、ほとんど聞き流し、無視してしまうのです。

 彼らにとっての授業での耳や目に入って来るものは、何の形も
意味も持たずに、ただ流れ込んでくるだけの情報の洪水なのです。

 ですから、彼らの脳の混乱を防ぐためにも、授業の意味づけをす
るためにも、イメージ法を指導してあげることが大切なことで、右脳を
使い、潜在意識の協力を得るためにも必要なことなのです。

 世界は見えるとおりのものではなく、私達がそのように見たいと思った
とおりにしか見えないのです。

 これは、一般の人にも言えることで、成功体験のない人には、
今までの子供の時からの成長過程で蓄積されてきた体験の枠組みの
なかでしか世界を見られないのですから、いきなり夢のような目標を
掲げても脳が混乱し、受け入れないのです。

 これは、成長過程で蓄積されてきた体験の枠組みの外ですから、自分
には関係のない事として脳が処理してしまうのです。

 ですから、イメージをすることは、今まで経験できなかった成功体験を
積み重ねることになり、子供の時からの成長過程で蓄積されてきた
体験の枠組みの中に入れることにもなるのです。

  自分が物語の主人公になり、成功する感動のストーリーを創り、
それをイメージして脳にインプットすれば、自分がイメージの中で、
成功体験を重ねることになるのです。

 自分の声を聞くことが、自分の脳には一番反応するので、録音して
聞きながらイメージすることをお勧めします。

 生まれた時から聞きなれた声で、周波数が一番合っているのですから
イメージの苦手な人にも、できるようになるのです。

 
 量子力学は、宇宙のすべての素粒子が結びついていることを
はっきりと示してくれて、宇宙のすべては相互関係でつながっている
ことを教えてくれました。

 素粒子や究極の氣は、エネルギーの波動であることもわかりました。

 私達の感覚は、その波動の一部を脳に伝達し、長い間の経験の
枠組みのなかでイメージに翻訳しているのです。

 前回予告した、天恵シートに連携した、ビジネス・健康・学問などの
イメージ法の物語の原型になるものを紹介する予定でいましたが、
塾生の方からの投稿がより参考になると思いますので、紹介しながら
説明いたします。



 天恵イメージ法を読んで、自分なりに感じたことを
書きますね。

天恵シート、第3段階(イメージ転写)後、
9つの和を見ながら、物語を創る。

例えば、お金だったら、
どのようにお金が入ってくるか?
その流れの物語を創る。

ビジネスであれば、どのような形で成功するか?
どんな人と出会い、どんな事業で成功するか?

こんな物語を創って、頭の中で描く。

または、頭の中ではなくて、
9つの和の中に、物語を書く。

僕は、9つの和に成功ストーリー、お金を得るストーリーを
自分勝手な物語を創っていますよ。

自分勝手=我欲ではありません。

自分勝手だけど、感謝の気持ちも盛り込んで。

そして、多くの収入得ても、大きなお金を掴んでも
いつも平常心でいられること、これが大切だと思います。
やっと、ビジネス天恵シートの平常心を理解できました。
これは、今の僕の課題です。



 
 投稿ありがとうございました。

 9つの和の中に成功ストーリーを書くのは良いアイデアですね。
天恵シートで共鳴している人は、より効果的にイメージできると
思います。

 自分がヒーローになり、自分の好きな人をヒロインに、そして、
できるだけ細部まで成功物語を書けば、それだけ思考を深める
ことにもなります。

 天恵シートの文章を参考に、この中のエネルギーの高い言葉を
ちりばめて成功物語を創り、それをテープに自分の声に吹き込み、
目をつぶり聞くだけでも、物語のイメージが鮮明にできるようになり
ます。

 自分の脳にある今までのイメージにさらに成功イメージをつけ加える
のです。確実にパワーアップします。

 1ヶ月→2ヶ月→3ヶ月と、日に日に、自分が変わり、行動が変わり
願望達成に近づいて行きます。


 これは実行するか! しないか!、能望の実践と同じです。

 松下幸之助さんは、感謝の気持ちを深めるために、毎朝一時間の
瞑想(イメージ)を日課にしていたそうです。

 世界の松下といえども、何度もピンチがあり、様々な壁を乗り越えて
きました。絶体絶命のピンチを、そして、大きな壁を何度も何度も乗り
越えてきたから今があるのです。

 試練がなければ、乗り越えたあとの成功もないのです。
イメージ法で、大きな壁が乗り越えやすくするための梯子をかけたり、
階段をつけたりするのです。

 イメージを深めれば、潜在意識の協力も得られ、無限のパワー
にもつながるようにもなるのです。

 天恵イメージ法は、学習塾で長年実際に指導してきて、さらに、
今までのメルマガで紹介してきた一連の手法の集大成でもあります。
posted by yosimoto at 17:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 天恵イメージ物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24669704

この記事へのトラックバック

☆究極の国内発【乳酸菌サプリビジネス】
Excerpt: なにを今更…とお思いでしょうが、実はこの健康食品&ビジネスは、タダモノではありません。ビジネスに必要な条件である「会社・製品・報酬プラン・タイミング」が抜群です。。。
Weblog: 「ビジネス」と「愛用」の融合
Tracked: 2006-10-14 10:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。