2006年09月26日

天恵イメージ法【S氏のメルマガ】

お釈迦様の意識レベルは1000です。 イエス・キリストも1000です。
ですから彼らの真実の教えは、人類を救済するためにあるのです。

 ところが、彼らの教えを宗教と捉えれば、組織的になり、
一部の人間や権力が介在しますから、真実の教えとはかけ離れた
ものになり、意識レベルが下がってしまうのです。

 葬式のためだけの仏教や権威の象徴である中世の教会も、
そして、組織を作るだけの目的で仏教を利用している新興宗教なども、
意識レベルが極端に低いのは測定すればすぐにわかります。

 これらのまがい物と釈迦やキリストの真実の教えを一緒に
しているから信憑性がなくなり、信頼が地に落ちているのです。

  お釈迦様とか、宗教と聞いただけでも受け付けない人がいますが、
この2〜3年で、インターネットが浸透すると、益々真実がわかって
きます。

 氣のエネルギーも多くに人に認識され初めているのは、インター
ネットの普及が大いに関係しています。

 インターネットを常に検索しているテレビ局の製作者や新聞、
雑誌などのマスコミ関係者は、氣のエネルギーを、無視ができなく
なり「動かざるを得ない」状況になっているのです。

 調べれば調べるほど、その真実と実態がわかってきて、
マスコミで取り上げざるを得なくなっているのです。

 インターネットはアカシック・レコードの1000億分の1以下に
縮小したミニチュア版のようなものですから、天の計らいのような
ものを感じます。

 お釈迦様の真実の教えも、インターネットの普及で、マスコミが
取り上げてくると、今まで、心情的に受けつかなかった人や、
反発していた人も、耳を傾ける様になると思います。

 新聞やテレビを信仰のように信頼している人が圧倒的に
多いのですから、特にマスコミ関係者は偏見を持たず、真実の
報道を心がけてもらいたいものです。

 今まで、私のメルマガでの数々の話題を取り上げてきましたが
すべてが関連して環のようにつながっております。
 
 能望の実践→能望の実践の科学的な裏づけが数値で示される
意識のマップ→『幸せの和』→パワーアップノート→アカシック・テスト
→天海コード→天恵シート→量子力学の最新理論→マトリックス・マップ
→八正道→そして、今は八正道の八番目のイメージ法
と、すべての
人の能力が向上するために、願望達成に向けて、天から与えられて
いるようです。

 私の場合、最先端の科学である量子力学の素粒子論を知る事
によって、今まで自分が持っていた常識の壁をやぶる事ができま
した。

 インターネットの普及で、相当に高度な知識も、図書館や本屋さん
に行かなくとも瞬時に確認できるようになったのも、本当に助かります。

 今まで、疑問に思っていたことも、自分なりに確信していても、
神秘的なことは人に話すにはためらいがありました。

 ところが、量子力学の最新の理論のお陰で科学的な裏づけが
できて、常識の壁がなくなってきたのです。

 誰に気兼ねをすることもなく、最新の科学的理論に従い
自分の意見を主張することができるようになりました。

 ありがたいことです。

 さらに、今まで、非科学的だ!と思っていた、仏教の哲学に
最新の科学が追いつきてきている、ということも様々な本や
インターネットの情報でわかってきました。

  私達は、今の時代になって、最先端の科学を活用するために、
それよりも進んでいるお釈迦様の教えを参考にすることができる
のです。

 最新の物理学者が考える宇宙の構造と、釈迦の説いた宇宙の
構造が一致しているのですから、私達、日本民族の遠い祖先が
仏教を選択した叡智を、そして、現代まで連綿と継承してくれた
日本民族の伝統を、誇りに思い感謝の念がますます深まります。

 
 能望の実践は、元になるのは空海の密教ですから仏教から派生
したものです。

 そして、このメルマガの200回前後では、今回で199回になりますが、
仏教の八正道の八番目のイメージ法が主題となっています。

 能望から、今回のイメージ法まで、巡りめぐって環(わ)のような
エネルギーの循環がDNAの構造のスパイラル状にエネルギーが
巻き上がって、どんどん高まって行く確信が持てます。

 願望を達成するためには、正しい見方、正しい思考、正しい言葉、
正しい行動、正しい努力、正しい瞑想など、私達が成功して、それが
いつまでも継続して繁栄するためには、この方法が、何よりも素晴ら
しく正しいことがわかってきました。


 能望を実践しているとこの様な考えにたどり着くのです。
そして、宇宙が今でも成長している以上、これで100%完全である!
という事はなく、常に進歩することが100%に近づくことなのです。

 コンピューターのマイクロソフトのウインドウズも未完成のまま
発売し、毎年のようにバージョンアップして行くように、科学が進歩
するように、人間の精神の向上も進歩していくのです。

 この世に生を受けて生きている限り、浮き沈みの波があり、苦しみと
楽しみ、後退と成長の連続で精神が向上していくのです。

 仏教は、お釈迦様が2500年も前から、現代の行き詰まった世の中を
想定して考えられた思想のようも思われます。

 最新の科学が釈迦の意識レベルを最高の1000と測定しているの
ですから、釈迦が説いた本来の教えを宗教という狭い範疇ではなく
科学の最先端として捉えるべきです。

 
 お釈迦様が説いた八正道の八番目の正しいの瞑想法を参考に
私が学習塾の生徒に指導していたイメージ法に、現在までの
一連の能力開発の成果をプラスして、誰でもできるイメージ法を
創作しました。

 そして、これを、「天恵イメージ法」と名づけることにしました。

 イメージ法で大切なことは、体の緊張をとり、リラックスして、
脳波をアルファー波にすることです。


 アカシック・テストを実践している人は、ほとんどの人が眠くなり
ウトウトの状態になるので、この時の脳波の感覚はわかると思います。

 アカシックの3〜5分の実践で、「天恵イメージ法」の最初の段階は
クリアできます。

 アカシック・テストの経験がない人は、自律訓練法など、本や能力
開発のセミナーなどでも学べることができますが、目を閉じて
『幸せの和』を想い浮かべるだけでも、脳波がアルファー波になり
気持ちが安定します。

 何よりも、『幸せの和』の意識レベルが高いので、想い浮かべた
だけでも、プラスの波動になるのです。電子レンジで温めた食べ物
の波動が、プラスになるのと同じ原理です。

 思考も情報の一種ですからプラスかマイナスかのどちらかの
エネルギーがあります。

 『幸せの和』のプラスのエネルギーは、冷蔵庫、電子レンジ、パソコン
や携帯電話の有害電磁波も無害に変えますので、マイナスの思考を
プラスの思考に変えてしまうのです。

 宇宙の渦巻き、銀河系の渦巻きとのつながりがありますので、
宇宙と一体化して、宇宙との周波数を一致させるのにも役立つ
事と思います。


 気持ちが安定したところで、自分のあるべき姿をイメージします。
これは、197回でも書きましたが、
 
 自分が主人公になり、シナリオを物語風に書いてもらい、それを
自分の声で、カセットテープに録音してもらい、その声を聞きな
がらリラックスして、イメージするのです。

 確か「第三の目」という本にも書いていたと記憶していますが、自分の
声に自分の脳が一番反応するのです。

 生まれてから一番聞いてきたのは自分の声です。波動が最も合う
のです。自分の声の周波数に、脳の波長が同調するのです。

 
 イメージができて、それが潜在意識にインプットできれば、高いエネ
ルギーの周波数に同調した、高いエネルギーのアトラクターフィールド
へ、移行することができるので、思考も行動も変わってくるのです。
posted by yosimoto at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 天恵イメージ物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。