2009年01月19日

人間力

新報道2001という番組で、企業の社員研修や講演に
引っ張りだこの元中学の熱血体育教師が紹介されていました。

 彼は、会社での具体的な業務や実践的なことは二の次で、
何よりも大切なのは、自分を変えて、心を深めて「人間力」を
高めること!

 「人間力」とは、確実に結果を出す「意志の力」と、
組織を活性化させる「愛の力」を言います。と、なっています。

 彼は、「心作り」や「人間力」を高める研修を行い現在多くの
企業から注目を集めているのです。
 
 人格を磨き、人を喜ばせ、人のためになる事を率先して
行うことが大切で、いくら技術的なことが優れていても成果に
つながらない!

自分を変える意識が大切!と、強調しておりました。

 多くの企業も、今までのようなビジネスのスキルをいくら学んでも
進歩もなく、業績は上がらないので、この時代を乗り切るために、
より効果の上がるものを求めているのです。

 
 この元中学教師は、陸上競技で、何人もの生徒を日本一に育て
上げた実績があるそうで・・・。

 自分のために!と考えるより、人に喜んでもらうために、競技に
取り組むように生徒に日誌を書かせて指導していたそうです。

 人を思いやり、人に喜んでもらい、感謝の気持ちを深めるように
生徒を変えることが、一番大切なことで、陸上競技の成果を高めて
いたのです。

 これは陸上競技ばかりでなく、学力の向上にも、ビジネスの業績にも
結びつく! と、彼は確信を持って企業の社員研修に同じ指導理念で取り
組んでいるようです。

 彼は、「主体変容・自分を変えろ!」という表現をしています。

 私は、最初は、新聞を読みながらテレビを眺めていたので、内容を
詳しく把握しきれませんでしたが、注意して見てからは、とても勇気を
もらいました。

 現在自分が考えている天恵シートにも関連しているので、
後押しされたようにも思いました。

 学問やビジネスのグレードアップの天恵シートには技術的な
ことを併用して取り入れようと考えていました。

 しかし、この元熱血教師の取り組みを見て、「人間力」を高める
根源に至ることが、何よりも優先させるべきである!ということを
再認識させて頂きました。

 脳は、自分の関心のあるものをどんどん引き寄せる機能が
あります。

 技術的なことよりも、思いやりや感謝が大切で、「人間力」や
「愛の力」など、企業が注目していて、テレビにも紹介されるの
ですから、大きな気づきに感謝です。

 ところで、目先のことしか考えていない多くの企業にとって、
今までなら、畑違いの中学の熱血教師が、生徒を日本一に
導いたからと言っても、ビジネスの世界では「お呼びでない!」
という風潮がありました。

 弱肉強食のビジネスの非情な世界では、お情けは通用しま
せん。中学生を相手のお遊びだけではビジネスには歯が立ち
ません。と言うような、温かい心とは無関係の非人間的で、
冷淡で知的な概念が一般にもあったと思われます。

 金融工学が花形ですから、人間臭いものは関係がないのです。

 ビジネスの本場のMBA取得者が万能で、経営の理念や証券や
株の儲け方など、専門用語を駆使した一流の特化したスキルなど、

 人間性とは関係のない企業の社員研修が花形で、利益追求の
ためには!と、西欧人特有の論理が鉄則になっていたのです。

  
 ですから、人間の本質的なものを引き出す!という取り組みに
大手の企業が注目して、賛同してきたことは、とても素晴らしいこと
だと思いました。

 
 企業も個人も、表面に現れている現象を、つまり、結果だけに
拘り、原因を無視してきましたが、やっと根源になる原因に気づい
てきたのかも知れません。


 物事の起きる結果の背後には必ず原因があります。

 スクリーンの映像はフィルムがないと映りません。

 私達は、フィルムを無視して、スクリーンの映像だけを懸命
に変えようとしてきたのです。

 スクリーンの映像を変えるためには、その原因になって
いるフィルムがあることに気づき、フィルムを変える!

 というパラダイムの転換をすることが大切なのです。


昼間のメルマガにも同じ内容の文章がありました。

//////////////////////////////////////////////// 

大切なのは、悪いところを探し出し、それに働きかけて、
何とかすることではありません。

ガンをはじめとする病気のほとんどが治らないことでもわかる
ように、何とかしようとしても、結果に過ぎない臓器や組織の
異常は、どうにもならないことが多いのです。

たとえば、どんなにインスリンを打っても糖尿病は治りません。

身体の中でインスリンをつくるすい臓の細胞が元気になり、
性能の高いインスリンを再び生産するようになる必要がある
のです。

ガンでも患部を抗ガン剤で直接叩くより、免疫細胞を含む
まわりの組織が本来の生命力を取り戻し、パワフルになれば、
異常な細胞を駆除したり、自然退縮に追い込むことも可能に
なります。

振動医学が目指しているのは、悪いところをなくそうとする
医療から、生命力を引き出す医療への転換です。

私たちの身体を支えているライフパワーを高め、臓器や組織、
細胞の生命力を高めていく。

つまり、私たちの「いのち」を信頼するところにこそ、波動療法の
本質があるのです。

//////////////////////////////////////////////////////

 
 病気になって悪くなっているところは、結果の世界ですから、
つまり、スクリーンに映る現象ですから、その部分をいくら修復し
ようとしても治りません。


 ですから、病気を根源から治すには、フィルムに相当する
「生命力」を引き出すことが大切である!と、書いてあります。


 病気ばかりでなく、「生命力」を引き出すことは、どんな分野に
おいても、フイルムを修復することになり、物事を根源から解決
することになります。


 「人間力」や「愛の力」を高めることは、「生命力」を引き出すこと
に結びつきます。

 私達には『命の源流』という「生命力」の根源のパワーがあります。
この概念を持つだけでも、意識をするだけでも、つながることができます。

 
 『命の源流』は、森羅万象の創造の場ですから私達が想像できる
ものは何でも創造されるのです。

 天才の領域でもありますから、素晴らしいヒラメキも与えられるの
です。

 心から感謝して『命の源流』を意識して下さい。

有り難う御座いました。
posted by yosimoto at 21:39| Comment(1) | TrackBack(0) | S氏のメルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
Y3QheNWa
Posted by hikaku at 2009年05月31日 14:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112863643

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。