2008年06月16日

チャンスを掴んでから目的到達までのルート



チャンスを掴んでから、
目的到達までのルートを考えてみました。

ルートは3つあります。

電車に例えて考えました。

一つ目のルート

駅のホームで電車を待っていると、突然特急電車がやってきました。
          ↓
これって僕が待っていた電車かな?
分からないけど、とりあえず乗ってみよう。
          ↓
よかった〜♪
行きたい方向の電車だった。
          ↓
早くついて、うれしい!
乗ってよかったな。


二つ目のルート

駅のホームで電車を待っていると、突然特急電車がやってきました。
          ↓
これって僕が待っていた電車かな?
分からないけど、とりあえず乗ってみよう。
          ↓
どうしよう。どうしよう。
自分が降りたい駅に、この特急は止まらないよ。
次の駅で降りて、ドンコウ電車に乗り換えよう。
後戻りだ。
          ↓
時間はかかって遅くなったけど、目的地につけて
よかったな。
       
  
三つ目のルート

駅のホームで電車を待っていると、突然特急電車がやってきました。
          ↓
これって僕が待っていた電車かな?
分からないけど、とりあえず乗ってみよう。
          ↓
あれ!いつもの風景と違うぞ。
路線を間違えたよ。
次の駅で降りて元に戻ろう。
後戻りだ。
          ↓
元の駅に戻り、路線を変えて、
かなり時間はかかったけど、
目的地につけてよかったな。



目的のところに着くために、この3つのルートがあると
思います。

このような突込みを言われているような・・・
「路線を間違えたと気がついても、路線を変えることができない、
元に戻れないよ・・・」

このような声が聞こえてきそうですね。

でも、僕は確信しています。

路線を間違えたことに気がついた人は、
必ず、元に戻れる。
正しい路線に乗ることができると。


あなたは、今どの路線を走っていますか?

僕は今、3番かな?と思っています。
ちょっと早とちりして、路線を間違えたのかも?
と思っています。

正しい路線に乗り換えます。

今日もありがとうございます。


          

posted by yosimoto at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功の学び舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。